慰謝料の保証人(連帯保証・連帯債務)

慰謝料の保証人(連帯保証・連帯債務)について

慰謝料を請求した相手が支払いに応じたものの、この先きちんと支払いをしてくれるかどうか心配なときは保証人を立てておくことをおすすめします。連帯保証人は債務者と連帯して債務を負担することになります。慰謝料の場合ですと連帯保証する人は親など家族が一般的です。

 

しかし保証人を立てることを強制することはできませんから、このような話し合いをする時は交渉のプロである弁護士などを頼り、少しでも有利に慰謝料請求できるように事前準備しておくことが大きなポイントになります。調停や裁判などで確定した慰謝料は、基本的に請求された本人にしか支払い義務がないため、たとえ肉親であったとしても肩代わりする必要はありません。しかし保証人になってもらうことで本人が支払わないときに債権を回収することができます。

 

また不倫など不貞行為は共同不法行為になるため、加害者が二人で連帯して債務を負担することになります。このことを不真正連帯債務といいますが、交際相手に請求するはずだったお金を夫や妻が肩代わりした場合、もう交際相手には損害賠償を請求することはできないので注意してください。しかし配偶者を許し、お金を請求することを止めたとしても、もう一方の加害者には支払いする義務は残っていますよ。どのように話をすればお金を払いやすくなるのかは一度プロに相談してみてくださいね。

 

⇒弁護士興信所の無料相談・調査依頼窓口