不倫慰謝料が払えない(払わない)場合

不倫慰謝料が払えない(払わない)場合について

不倫がばれてしまい慰謝料を請求されたものの払えない場合どのようになってしまうのでしょうか。なるべくお金を払いたくない、払わない方法はないかと頭を悩ませていませんか。あなたが付き合っていた相手の配偶者から損害賠償を請求されてしまった時には、まずどのような形で請求がきているのか確認することが大切です。

 

まず個人の名前で内容証明などが届いた場合、内容をよく確認し請求されたお金の金額をチェックします。一般的な不倫による慰謝料の額は100万円から300万円くらいが相場になっているため、もしこれよりも大きな金額が記載されている場合は減額できる場合がほとんどです。さらに相手の婚姻が継続されていた期間やあなたが結婚の破綻にどれだけ影響を与えたかどうか、そしてご自身の収入の状況などから金額を考えることになります。

 

ただしこれらの判断は個人間で話し合いをするのではなく、裁判所を通して調停を行う必要があります。調停でも払えないとなってしまうと最終的には裁判で金額の判決を待つことになります。払えない場合についてはご自身の名義の財産の差し押さえなどが起きる場合がありますが、生活必需品などは差し押さえにはなりません。

 

ダブル不倫の場合ですとご自身の配偶者と浮気相手の配偶者の両者から慰謝料を請求されることになりますが、調停や裁判では支払い能力を越えてお金を取られることはないため、もし少しでも金額を抑えたい場合は個人の示談ではなく、弁護士など専門家を交えて話をすることをおすすめします。無料相談に対応している場合もあるので、一度プロのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

 

⇒不倫の慰謝料請求無料相談窓口