不倫慰謝料の示談書

不倫慰謝料の示談書について

不倫をした配偶者とその交際相手から慰謝料を取る方法や手続きはいろいろあります。弁護士など専門家のサポートの元、内容証明などを浮気相手に送付して話し合いの機会を持つことになりますが、相手とのやりとりに時間がかかってしまうデメリットがあります。ですから少しでも早く話を解決したい、自分の優位に話を進めたいと言う場合は不倫の慰謝料に関する示談書を作成し、直接相手に会うのがベストです。

 

自分が優位に不倫に関しての示談を行うには徹底的に証拠を収集し、知識のあるプロにサポートを受けるのがおすすめです。まず示談書では事実関係をはっきりと明記し、それによりどんな損害を受けたのか記述すると分かりやすくなります。慰謝料の請求については金額や支払い期限、遅延した場合の損害についても記述しておく必要がります。また今後の制約として交際の禁止や守秘義務などルールを盛り込み、最終的にこの書面に同意することで不倫問題を清算するといった内容で締めくくるのが一般的です。

 

もちろんご自身の希望に合わせてさらに誓約書や公正証書などを作成し、必ず取り交わした約束が守られるように準備をします。示談書の内容は法律にのっとった適切なものではいけませんから、弁護士など法律事務所に相談することをおすすめしています。とにかくすぐに妻や夫と相手を別れさせたい、離婚をせずに配偶者とやり直したいという方は、相談機関を利用してアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

 

⇒不倫の慰謝料請求無料相談窓口