不倫慰謝料の期限・時効

不倫慰謝料の期限・時効について

配偶者の過去の不倫が原因で結婚生活が上手くいかなくなったということはよくあります。後になって妻や夫、そして浮気相手に慰謝料を請求して離婚しておけばよかったと悩んでしまう人は少なくありません。そこで気になるのがどのくらいの期間まで慰謝料を請求できるのかということです。法律では浮気、いわゆる不貞行為をされたと知った時から3年、もしくは裏切りがあったことを知らなかった場合は20年が時効になります。

 

例えば後になって損害賠償を請求する場合、不倫の時効がきてしまっていると相手にお金を求めることができません。例えば妊娠中に継続して別の女性と肉体関係を持っている事を知っていたのにも関わらず、3年後子供が大きくなってからやっぱり離婚をしたいという場合は、時効がきている事になるためお金を請求することはできません。また期限内であっても慰謝料はいらないなどの話し合いをしていた場合は示談が成立しているため、後になってお金を求めることもできません。

 

不倫相手に慰謝料を請求する時には、事実を知ってからの期間に注意しなくてはいけません。3年という月日は長いようで短いものです。もし離婚をするつもりはなくても、損害の請求だけは考えておくと後になってお金で困ることはありません。不倫証拠の収集については探偵を頼ることができますし、不倫慰謝料の請求方法は弁護士に相談することもできるので、困ったことがある方は一度アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。