恋人(彼氏・彼女)の浮気の慰謝料

恋人(彼氏・彼女)の浮気の慰謝料は請求できる?

まだ結婚をしていない彼氏や彼女に浮気慰謝料を請求することはできるのでしょうか。まず損害賠償を受け取るには、ご自身が損害を受けたことが認められなければいけません。ここで言う損害とは男女の肉体関係が継続してあったことにより、ご自身と交際している人の関係が破綻したかということです。不貞行為が認められれば恋人同士であっても精神的苦痛の代償を請求することができます。

 

ただしただ付き合っているというだけでは不貞行為は認められません。口約束でも二人の間にしっかりと結婚する意志があったかどうかが重要になります。結婚前提で付き合っていると周りに周知されていた、婚約者として両親に紹介されていた、また事実婚や内縁関係にあったケースについてはもちろん浮気慰謝料を請求しお金をもらうことができます。ただし一方的に結婚したいと思っていた、結婚したいと話していたとしても、付き合っている期間が極端に短い場合については請求はできてもお金を実際に受け取ることは難しいと考えてください。

 

浮気慰謝料は恋人関係であっても自由に請求することができますが、希望額のお金を貰えるのかということはもちろん、お金自体貰えるのかは二人の関係がどういったものだったかに影響されます。妊娠していたとしても、婚約や結婚の話が一切出ていなければ浮気の不貞行為が認められる可能性は低いです。とにかく重要なことは浮気がなければ恋人から夫婦になるはずだったということですから、今困っていることがある方は今までの生活を思い起こし、話し合いの材料になるものは無いか考えてみてください。

 

⇒弁護士興信所の無料相談・調査依頼窓口

 

⇒各種慰謝料請求に強い弁護士興信所一覧