精神的苦痛による離婚の慰謝料

精神的苦痛による離婚の慰謝料について

精神的苦痛に対する賠償のことを慰謝料と言います。不倫や浮気、DV(ドメスティックバイオレンス)、虐待や暴力、モラルハラスメント(モラハラ)、経済的DV(生活費を渡さないなど)、この他さまざまな損害を受け、精神的苦痛があったことにより別れる場合は離婚慰謝料を請求することが可能です。ただし調停や裁判によって賠償を求める時には、それなりの証拠が必要になるため今このようなことで悩んでいる方は、早いうちから専門家を頼り準備しておくことをおすすめします。

 

離婚慰謝料の額は上記のようなトラブルがどれだけ婚姻生活の破綻に影響を与えたかどうかが重要視されます。例えばもともと夫婦間が悪化しており、口げんかの末相手に殴られてしまったという場合ですと、結婚生活自体がもともと上手くいっていなかったということが重要視され、思っているよりもお金を貰うことができません。浮気に関しても同じで、夫婦仲が悪かった、別居をしていたなどの中で異性と交際が始まっていた場合は請求をしてもお金を貰うことができないことが多いです。

 

精神的苦痛の度合い証明するということはとても難しいです。ですから周りにこのような事があったと事実を周知することが必要です。そのためには損害があった証拠を用意することが何よりも重要になっています。浮気をされた方は不貞行為の証を、家庭内暴力があった方はカルテや診断書、日記を準備してください。そうすれば調停員や裁判官にどれだけ自分が被害を受けたか分かってもらいやすくなり、希望額の離婚慰謝料を受け取りやすくなります。

 

⇒各種慰謝料請求に強い弁護士興信所一覧