内縁相手への慰謝料請求

内縁相手への慰謝料の請求について

結婚をしていなければ浮気の慰謝料請求はできない、不貞行為にはならないと考えている方という方はかなり多いです。ただし実際には婚姻関係を結んでいなくても、婚約中や内縁関係にあれば浮気による精神的苦痛の代償を求めることが可能です。内縁とは実質的には夫婦のように過ごしているのに、婚姻届を提出していない関係のことをいいます。

 

浮気や家庭内暴力、経済的DVなど相手から何か損害を受けて別れる場合については事実婚の状態であれば慰謝料請求が可能です。また内縁の関係を破綻させることになった第三者について、ここでいう別の交際相手についても損害賠償を請求できます。ただし相手が事実婚をしていると知らずに付き合いをしていた場合は求めることができません。

 

この他相手に急に好きな人ができて一方的に内縁解消になったなど、当事者の合意が無い場合についても、一般的な離婚と同じように精神的苦痛に対する代償を求めることが可能です。慰謝料請求はまず個人間で話し合いの場を持つことになりますが、結婚をしていないからといい逃れされてしまうこともあり、なかなか当人同士では話が進みません。貰える金額については離婚裁判などの判決の相場などから算定されることになりますが、一般的な離婚の100万円から300万円という金額を参考に考える方が多いです。とはいえ個々のケースによってかなり違いがあるため、具体的なお金については弁護士などのサポートを受けながら考える方が多いです。

 

⇒各種慰謝料請求に強い弁護士興信所一覧