不倫慰謝料の内容証明

不倫慰謝料の内容証明について

不倫の慰謝料は配偶者とその交際相手両者に請求することができます。妻や夫が外で二股をしていたという場合、お嫁さんや旦那さんと離婚をする方、浮気相手と別れさせて夫婦関係をやり直す方など人によって人生の選び方はことなります。ただし不倫相手に対してはしっかりと損害を請求したいという方がほとんどで、その時に利用されているのが内容証明です。

 

内容証明とは簡単にいいますと、手紙を送ったそして受け取ったということをしっかり証明してくれる郵便物のことです。慰謝料について記した書類を相手の手元に送ることが話し合いの第一歩になります。この郵便の内容は自分で考えて作ることもできますが、手紙の書き方によっては脅迫行為に取られてしまう可能性もあるため、法律を熟知した弁護士に依頼をすることが一般的です。ただし不倫による損害賠償を請求する時には証拠が手元にあることが前提になります。相手の素性がはっきりしないので住所が分からない、たぶん付き合っているから訴えたいなどあいまいな状態では、内容証明や書留などを送ることができないので注意が必要です。

 

訴えて慰謝料を請求してやる!と感情的になり過ぎると自分が不利になってしまうこともあるので、まずは相談機関に問い合わせをして、何から始めればいいのかアドバイスを貰うことをおすすめしています。不貞行為をされたらいくらお金が取れるのか、離婚後の養育費やその他に請求できる損害賠償の相場等について気になる方は一度、不倫相談などを利用してみてくださいね。

 

⇒弁護士興信所の無料相談・調査依頼窓口