恋人からのプロポーズ後の破局に関する慰謝料

恋人からのプロポーズ後の破局に関する慰謝料について

プロポーズされたのにその後別れてしまったので慰謝料を請求することはできますか?といった相談はとても多いです。たとえばプロポーズ後に彼氏や彼女と破局してしまったとしても、その原因や責任が双方にあり話し合いをして別れることになってしまった場合は、一方にのみその責任を追及することはできません。

 

しかし結婚の約束をした後、一方的に恋人に別れを告げられたというケースは婚約破棄として相手に慰謝料を請求することができます。結婚の約束については口約束で交わされることも多いですが、婚約が成立しているかどうかは個々のケースによって少し違いがあります。ただし両親に挨拶をしているなど、周囲に結婚前提で交際している事が認知されていれば口約束であっても婚約は成立していると考えられます。

 

ただし自分がプロポーズを受けたと思っていても、相手はには全くそんな気がなかったというケースもあり、婚姻の約束が成立していない場合慰謝料を求めることはできません。正当事由なく婚約破棄されたのかどうかは、もともと婚約していたのかということにかかってきます。

 

元彼や元彼女から慰謝料をもらうことができるのかについては、法律の専門家にアドバイスを受けるのがベストです。状況の確認や証拠収集については探偵事務所で対応してもらうこともできるので、どこに相談すればいいかわからない場合はまず無料相談などを利用してみてはいかがでしょうか。

 

⇒各種慰謝料請求に強い弁護士興信所一覧