離婚と子供の戸籍

離婚と子供の問題(戸籍)について

このページでは、離婚と子供の問題(戸籍)について解説いたします。

 

離婚した場合に、どんな戸籍の記載になるかというのは、ちょっと心配な面があるのではないかと思いますが、離婚の種類によって、協議離婚であれば協議離婚届け出の日が書かれますし、裁判所でも離婚であれば調停が成立した日、判決が確定した日などが記載されてということになります。結局、離婚なので法的には全く同じなのですけれども、ときどきとてもこだわる方がいらっしゃって、成立の日が大安吉日でなければ嫌だとか、あとは調停で離婚の合意ができたのだけれども、協議離婚でなければ嫌だとかいうような方がいらっしゃいます。そういう場合には、法的には一緒なので、私などが携わっている場合には、できるだけご希望に沿うようにします。調停の成立の日というのは、裁判所側の期日が入らないとできませんので、これはなかなか難しいのですけれども、協議離婚をするという調停をまとめるということはできますので、何回かそういうことをしたことがあります。

 

裁判での離婚の場合というのは、調停であれば調停調書、判決であれば判決書きと、あとは確定証明書というのが必要になってくるのですけれども、そういう裁判所で出された書類を、それが出たからすぐ離婚できるのかというと、離婚自体は成立しているのですが、戸籍の届出というのは自分でやらなければいけません。ですので、そういう裁判所での書類を持って、届け出に必要な書類を持って本籍地の戸籍係に届けをする必要があります。

 

調停などで養育費の金額を決めたり、慰謝料の金額を決めたりとか、調停で多岐に渡る項目を決めることがあるのですけれども、そんなことを役所の戸籍係に見られたくないよと思われると思うのですが、そういうことのために届け出に必要な離婚の事実と、子どもさんがいるときは親権者が決まらないと離婚できませんので、親権者を記載した調書のを一部だけ抜粋したものを、裁判所のほうで作ってくれます。

 

そういった形の離婚の届け出をしますと、離婚時の復氏と婚氏続称、「ふくし」「こんし」と読むのが普通なのですが、分かりにくいので、私たち業界用語で「ふくうじ」「こんうじ」というふうに言います。氏というのは名字のことなのですけれども、離婚すると結婚する前にいた戸籍に戻るのが原則です。戸籍を移ってきたほうが、前の戸籍に戻ります。そのときに新しい戸籍を作ることもできます。氏ですね、名字に関しては、結婚するときに名字を変えたら、離婚するときは元の名字に戻るというのが原則になりま
す。

 

ただ、婚氏というのが結婚していたときに名乗っていた名字なのですけれども、離婚から3カ月以内であれば、この婚名を称する届け出という届けを戸籍係に出せば、それまで使っていた名字を続けて使うことができます。3カ月以内ですので、離婚届けと同時に出すこともできます。婚氏の俗称届けといいますが、正式には離婚の際に称していた氏を称する届け出なのですけれども、これは自分で届ければ良いだけなので、例えば、旦那さんが「俺の名字を使い続けるのは許さない」と言ったとしても、勝手に使って構いません。

 

それから子どもさんの戸籍の話で見ますと、子どもさんの戸籍というのは、離婚をしただけだと、まったく移動がありません。親権者が、例えば妻が戸籍を移ってきた場合、離婚をして妻が抜けていきます。子どもは結婚していたときの戸籍に入っています。親権者が妻になった、母になったとしても、子どもさんは夫の戸籍にいるだけです。離婚というのは夫婦だけの問題なので、子どもさんの戸籍には影響はありません。ただ、親権者になって、これから一緒に暮らして行って、いろいろな手続きとかもあるのに、一緒の戸籍じゃないと不便である、もしくは心理的な問題で一緒の戸籍に入れてあげたいというときには、その下に書いてあります(4)家庭裁判所の子の氏の変更許可、というのを申し立てをして許可をしてもらう。その許可を持って自分の戸籍に入れる、入籍届けというのをすることによって、自分の戸籍に子どもを入れることが可能になります。これは比較的簡単な手続きで、その日のうちに許可が出ることがほとんどです。

 

婚氏について、結婚していたときの名前を引き続き使うことにしましたと、だから自分の戸籍の名字が旦那さんの戸籍と一緒なんですよ、だから氏の変更はいらないんじゃないですかと思われるかもしれません。そういう場合。でも、この氏というのは、戸籍ごとに決まっているという考え方です。例えば、「佐藤さん」の場合、当人の佐藤の戸籍と、離婚した相手(夫)の佐藤の戸籍、これは別の氏という考え方をします。ですので、そういう場合でも子どもの氏の変更が必要になります。もともとの実家と同じ名字にはならないわけですから、もともとの実家には戻らないで、新戸籍を作って、婚氏を称しますという形にするわけです。