離婚後に発覚した不倫慰謝料

離婚後に発覚した不倫の慰謝料について

離婚後に配偶者の浮気が発覚することは少なくありません。別れた後に妻や夫がすぐに交際を始めた、また結婚をしたというケースでは離婚前から浮気行為があったのではないかと考えることはとても自然なことです。そのため本来浮気が原因であったならば、離婚した後でも浮気慰謝料を請求できるのではと考えますよね。

 

浮気慰謝料とはまず旦那や嫁の不貞行為が発覚したことにより、夫婦関係が破綻してしまった時の損害賠償のことです。そのため結婚期間が長く、また夫婦関係が円満であったほど金額は大きくなります。しかし中には何となく二人の関係が上手くいかないからと話し合いの上離婚をする場合もあります。その場合には財産分与だけを行い、特に慰謝料などは支払われないことが多いです。

 

上記のようなケースでは時々、離婚後不貞行為があったと発覚することがあります。この場合財産分与だけが行われており、特に慰謝料が考慮されていなければ後から請求すること自体は可能です。ただし相手に完全に騙されていたなど、浮気のせいで上手くいっていなかったということが明らかにならなければいけません。もし浮気を隠していたことがはっきりすれば浮気慰謝料を後から求めることが可能です。ただし離婚後にあらためて損害賠償を請求する場合は、一般的な浮気による離婚に比べると金額についてはかなり減額されてしまうため、少しでも大きなお金を受け取りたいという場合は弁護士などに相談することが必要です。

 

⇒弁護士興信所の無料相談・調査依頼窓口