裁判離婚の種類別構成割合

裁判離婚の種類別構成割合(判決離婚・和解離婚・調停離婚)

離婚の種類別構成割合の年次推移についての解説です。

 

年代によって裁判離婚のほうが少し増えつる傾向にあるのですが、それにしても約9割が協議離婚しているというのが現状です。一方で、「審判離婚と認諾離婚」というのは、とても件数の少ない、ほとんど使われないような離婚になります。

 

前述のとおり、全体の中で協議離婚が9割とっていますが、その9割に入らない裁判所を使った離婚のさらに9割が調停離婚です。つまり全体で、裁判までしないと離婚できない離婚というのは1%しかないということになります。 ここでお分かりいただきたいのは、離婚というのは、あくまでも話し合いだということです。「協議離婚」の協議はもちろん夫婦での話し合いですし、調停も裁判所の調停員が入ってくれての話し合いなのです。そのため、結婚するときも、お二人の合意で結婚をする、離婚もお二人の合意で離婚をする、当り前のことですけれども、話し合いが大切だということをお分かりいただければと思います。