性格の不一致による離婚の慰謝料

性格の不一致による離婚の慰謝料について

性格の不一致が原因で別れる夫婦はとても多いです。ではそのような場合離婚慰謝料は貰うことができるのかといいますと、どちらに離婚の原因があるとはっきりしない場合は特に損害賠償は発生しません。性格が合わなかったという理由ですと、どちらに責任があるとははっきりしませんよね。中には女性だったら離婚をすればお金を貰えるはずだと考えている方もいますがそれは間違いです。

 

性格の不一致といっても元々は好きあって結婚をしたわけですから、元を探ればどちらかに原因があるかもしれません。ただしこのようなケースでは夫や妻どちらにも言い分があるため、旦那のほうが悪い、妻の方が悪いと判断することは難しいです。もちろん明らかな原因がある場合は有責として相手に損害賠償を求めることができますが、生活をしていた上でなんとなく上手くいかなかったという理由では離婚慰謝料を貰うことはまずできません。

 

中には性格の不一致で離婚したいと考えているのに相手が別れ話に応じず、離婚慰謝料を請求すると言われてしまう場合があります。このような事例については示談金を支払い関係を清算する方が多いです。

 

ただし相手が離婚を望んでいない場合、示談では和解できず調停や裁判を利用することもあります。そのような時に離婚自体が損害になると配偶者が訴えることで、一方的な離婚が相手に精神的苦痛を与えると判断されてしまうことがあるため注意が必要です。このようなケースについてはまずは一度専門家からアドバイスを受けることがベストです。

 

⇒各種慰謝料請求に強い弁護士興信所一覧