専業主婦が請求される離婚の慰謝料

専業主婦が請求される離婚の慰謝料について

専業主婦のように収入が無い場合、離婚慰謝料を請求しても大幅に減額されてしまうことは多いです。基本的に精神的苦痛に対する損害賠償は相手の支払い能力を越えて受け取ることはまずできません。示談をしても相手がまったく話し合いに応じないという場合は調停や裁判をすることになりますが、希望額をそのまま貰うことができるケースはほとんどなくやはり収入や資産が無い相手から慰謝料を受け取る事は難しくなっています。

 

離婚慰謝料はそもそも婚姻生活を破綻させる原因になってしまった人が、配偶者に対しての賠償金です。どうして仕事をしていない主婦なのにお金を払うの?と疑問に思ってしまう方、中には女性だからお金を貰えるのは自分の方だと勘違いしている方もいます。基本的には専業主婦だから支払いが免除されるということはありません。もし無職の主婦(主夫)であっても浮気その他の行為が原因で離婚に至る場合は、請求されればお金を支払わなくてはいけません。女性だから、主婦だからというわけではなくどちらが有責だったかということで決まることを忘れないでくださいね。

 

専業主婦だった妻から離婚慰謝料を取りたいという場合はできるだけ和解を目指し、毎月少しずつでも支払うという協議書や示談書を作成し公正証書に残すことがベストです。その際は専門家にアドバイスを受け、万が一本人が払わない場合はどうすればいいのか話し合っておく必要があります。ほとんどの方は奥さんのご両親が保証人になったり、また強制執行や財産差し押さえができるように準備をしていますよ。