妻への不倫慰謝料請求弁護士法律無料相談

妻への不倫慰謝料請求で選ばれる弁護士の法律無料相談

妻が浮気をした時の慰謝料の金額は、結婚期間の長さと離婚の原因に繋がる行為の悪質さ、そして妻やその不倫相手の収入や資産によって相場が異なります。一般的には300万円くらいまでの範囲で請求される損害賠償ですが、芸能人の事例などを見てみると収入が多いと、精神的苦痛や各種損害に対する代償はかなり大きくなっていることがわかります。

 

妻がまったく仕事をしていない専業主婦であっても慰謝料を請求することができるかと不安に思っている方は多いです。実際に収入の多さが金額に影響を与えることになりますから、生活能力によっては思っているよりも金額が減額されてしまう場合があります。相手の男性に収入がある場合妻に請求する予定だったお金を相手に上乗せする方も多いので、具体的な金額についてはプロに相談してみることをおすすめしています。

 

弁護士には不倫をした配偶者とその相手への慰謝料請求の手続きを依頼することができますが、内容証明は住所が分からないと送付することができないため、浮気相手が誰だかわからないという状態ですと手続きを進めることができません。その場合は探偵による素性調査などを利用して居住地や不貞行為の証拠を手に入れることが必要になります。弁護士や探偵はこれまでの経験を元にこのくらいの賠償ならば相手が支払うだろうという目安の金額を掲示してくれます。ご自身のケースだとどのくらいの慰謝料が請求できるか一度アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

 

⇒不倫の慰謝料請求無料相談窓口