離婚の慰謝料の財産分与(税金・課税・控除)

離婚の慰謝料の財産分与(税金・課税・控除)について

配偶者と別れるときには離婚慰謝料だけでなく、子供がいる方は養育費そしてどなたでも財産分与を受けることができます。結婚後夫婦で築きあげた財産を分けることになりますから、二人で貯めた貯蓄や購入した物品など結婚後に入手したさまざまな物を分与することになります。もちろん結婚後の借金なども分与対象になるため、あまりにも負債が大きい場合は放棄する場合もあります。

 

ここで気になるのが税金の事です。基本に離婚慰謝料や養育にかかるお金などについては税がかかりません。財産分与に関しても通常は所得税や贈与税などがかかることはありません。親などから財産を相続した場合などはもちろん基礎控除額を越えた分に贈与税がかかることになりますが、離婚により財産を分ける時には税を払う必要はありません。

 

ただしあまりにも大きすぎる財産分与は、多いと判断された分に対してだけ贈与税がかかることになります。例えば夫が財産を放棄したり、また離婚慰謝料についても多額な支払いがあった場合は贈与だとみなされてしまいます。また離婚自体が贈与税や相続税を払わなくていいようにという目的があった場合なども贈与だと判断されてしまいます。

 

この他マイホームなどを分与する時にも、土地や家屋などの財産を譲渡したことになり譲渡所得の課税対象になるため注意が必要です。たとえ協議離婚であってもこのようなケースに当てはまる場合は専門家を頼り、少しでも自分が損をしないようにアドバイスを受けることがベストです。